思い出を保存できるプリザーブドフラワー

長持ちで種類が豊富な、プリザーブドフラワーを使ったウェディングブーケの人気が高まっています。
生花よりも長持ちで、造花よりもみずみずしいということで注目が集まり、お花屋さんでも、生花のアレンジメントや花束と並んで一緒にディスプレイされているのをよく見かけます。
プリザーブドフラワーの良い点は、なんといっても長持ちするという点です。
生花であれば、長くても一週間前後もてば良いほうですが、プリザーブドフラワーは年単位でそのままの姿を楽しむことができます。



この利点を活かして、記念日や結婚式のブーケなど、長く形を留めてその姿をいつでも楽しみたいという希望を満たすことができます。



また、色や種類が豊富なので、生花では実現が難しいような自分だけのブーケを作ることが出来るのも魅力です。
例えば生花では難しい鮮やかなブルーのブーケや、季節外れで市場には出回らない旬の花でも、プリザーブドフラワーであれば叶えることができます。

最近では、花びらにラメを振りかけてゴージャス感を出したり、名前やメッセージを入れるサービスを行っているところもあるなど、バリエーションが豊富になってきています。

予算の相場としては生花よりも高めですが、結婚式の数日前に行われる前撮りの時などにも、同じブーケを使うことができるので、トータルとしてはお得かもしれません。

wikipediaを利用するなら此方のサイトです。

思い出を長く形としてとっておけるプリザーブドフラワーは、ここぞという記念日やイベントの贈り物に最適です。